沖縄県議会の代表・一般質問が10日に終了した。一般質問の中では、登壇した与党全員の13人が事前に申し合わせ、宜野湾市長選の応援や執行部への“配慮”を理由に、質問時間を大幅に短縮した。