自分で制作した着物を自身がまとって舞台で紹介する県立芸術大学織分野専攻の学生、大学院生による織・着物のファッションショー「縞(しま)・着物の粋」が3日、那覇市の同大奏楽堂ホールで開かれた。自身が手掛けた反物で織り上げた色鮮やかな着物を実作者自身が身に着け、来場者に紹介するというユニークな試み。