【読谷】三線の棹(さお)に使うクロキ(くるち)を座喜味城跡公園に植樹する「くるちの杜(もり)100年プロジェクト」に役立ててもらおうと、南部農林高生が2月18日、実行委員会に苗木約200本を贈った。南農生はくるちの苗を育てるなど研究を進め、果実を使った沖縄菓子「チンビン」を開発。