沖縄県内で6年ぶりの巡業となる大相撲沖縄場所(12、13日、県立武道館)に参加する日馬富士、鶴竜の両横綱、大関の照ノ富士ら大相撲関係者が11日、沖縄入りした。那覇空港では県主催の歓迎式が開かれ、2015ミス沖縄の阿波根あずささんから花束が両横綱らに手渡された。

大相撲沖縄巡業のため、那覇空港に到着した(左から)横綱鶴竜、横綱日馬富士、大関照ノ富士=11日午後

 日本相撲協会巡業部長の尾車親方は「お呼びいただき心からお礼申し上げる。大相撲の醍醐味を見てもらえるよう精いっぱい取り組むので、県民の皆さんにはぜひ会場へ足を運んでほしい」と来場を呼び掛けた。

 幕内以上の約180人が参加し、中部農林高出で十両の千代皇も出場する。取り組みのほか撮影・サイン会、力士と取り組みできる「ちびっこ相撲」、ちゃんこ鍋販売など多彩な関連企画もある。