10時ごろ 大雨の中、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブのゲート前に雨がっぱや長靴を身に着けた市民らが続々集まる 正午すぎ 新基地に抗議する集会が始まる。前名護市長の稲嶺進さん(72)が「諦めないで」と呼び掛け、県内外の約250人は手をつないでがんばろう三唱。ゲート前からの搬入は確認されず。