就任後初めて来県した福井照沖縄担当相は4日、宜野湾市役所の屋上から米軍普天間飛行場を視察した。佐喜真淳市長は同飛行場の一日も早い返還を求め、市に特化した国の支援制度の創設や、西普天間住宅地区の跡地利用では沖縄健康医療拠点形成の実現に向けた国の財政支援を求める要請書を手渡した。