国が県を訴えた代執行訴訟に続き、年明けには県が国を訴える抗告訴訟が始まる見通しとなった。翁長雄志知事の掲げる名護市辺野古の新基地建設阻止に向けた「あらゆる手段の一つ」と位置付けるが、野党の自民党県連からは「いくつも裁判を抱え、分かりづらく、理解できない」と批判の声が飛ぶ。