沖縄県は5日、天皇、皇后両陛下が27~29日の日程で沖縄を訪問されると発表した。那覇市に宿泊し、糸満市の国立沖縄戦没者墓苑で供花するほか、与那国町で県指定天然記念物の世界最大級のガ、ヨナグニサンや与那国馬を視察したり、町立久部良小学校で伝統芸能を観覧したりする。豊見城市の沖縄空手会館で空手の演武も観覧する。

(左から)天皇陛下、皇后さま

 太平洋戦争で唯一の住民を巻き込んだ地上戦が展開され、戦後27年間、米軍統治下に置かれた沖縄に心を寄せてきた両陛下が再訪を強く希望した。陛下の天皇在位中では最後の機会となる見通しだ。

 翁長雄志知事は「大変光栄なことと深く感謝いたします。与那国島は今回初めてのご訪問となり、与那国町の皆さまにはこの上ない大きな喜びとなります」とコメントを発表した。また空手会館の訪問で「空手発祥の地・沖縄」を世界に広める機会となり、県民の励みになると歓迎した。

 天皇、皇后両陛下の沖縄訪問は6度目。皇太子時代を含めると11度目になる。