4月22日投開票の沖縄市長選で、市議の諸見里宏美氏(56)が5日、立候補する意向を明らかにした。市議会野党側の候補者を決める選考委員会から出馬の要請を受けて、諸見里氏が受諾。近く市内で出馬会見をする。

諸見里宏美氏

 諸見里氏は本紙の取材に対して、「現市政に対する問題をしっかりと訴えて、市民に選択肢を持たせたい。特に待機児童問題など子どもたちが今、置かれている状況をしっかりと市民に伝えていきたい」と意欲を示した。

 諸見里氏は1961年生まれ。沖縄市出身。2007年に県PTA連合会会長を務め、10年に市議選に初当選。