【東京】外務省の秋葉剛男事務次官は5日、在米日本大使館の公使時代に沖縄やグアムへの核貯蔵庫建設に「説得力がある」との見解を示したとされる文書を巡り、記者団の取材に応じなかった。一方、沖縄タイムスの秋葉氏宛ての取材依頼に対し、外務省の日米安保課は「出所不明の文書へのコメントは控える」とした上で、「日本は非核三原則の立場を堅持しており、米側にも説明している。これに反する発言をしたことはない」と回答した。

秋葉剛男氏