【名護】沖縄県名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前で12日午前、新基地建設に反対し座り込む市民ら約130人を、機動隊が2度にわたって強制排除した。

強制排除され、もみ合う市民らと機動隊=12日、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 2度目の排除があった午前9時半ごろ、機動隊ともみ合いになり体調不良を訴えた男性が救急搬送された。

 また、排除に抵抗した別の男性は機動隊に拘束され一時基地内に連行されたが、約20分後に解放された。

 一方、シュワブ内の大浦湾に面した浜辺では作業員がクレーンでフロートをつり上げるといった作業を続けている。海上では目立った作業は見られない。