【東京】河野太郎外相は6日の記者会見で、秋葉剛男外務事務次官が駐米公使だった2009年に、米議会側に沖縄への核貯蔵施設建設を容認する見解を示したとされる事実を否定した。「秋葉氏にも確認したが、そのようなことはないとのことだった」と強調した。

河野太郎外相

 オバマ政権下の核戦略指針「核体制の見直し(NPR)」策定に向け、米議会の諮問機関が在米日本大使館関係者らから意見聴取した概要を記したメモによると、秋葉氏が沖縄への核貯蔵施設建設について「説得力がある」と発言したとされる。

 河野氏は「非核三原則堅持が政府の一貫した立場だ。それに反する示唆はなかった」と説明。「日米間のやりとりの中で当然、NPRについても日本側からいろいろなことは申し上げている」と述べ、意見聴取があったことは否定しなかった。