【久米島】お年寄りを大事にし思いやりの心を育む恒例の「お年寄りとの交流触れ合い会」がこのほど、町大田の介護福祉施設・デイホーム“家福(いーふ)みー家(や)”(高江洲亮所長)で行われ、久米島小学校の1年生と幼稚園児20人が、おじいちゃんおばあちゃんらとの触れ合い楽しんだ。

互いの触れ合いを楽しむ子ども達やお年寄りら=11月4日、町大田の福祉施設・家福みー家

 子どもたちは元気に自己紹介をした後、歌や遊戯、マッサージで触れ合い、笑顔で交流。お年寄りらは目を輝かせ大きな拍手で応えた。プレゼント交換会やカチャーシーもあり、大いに盛り上がった。

 1年の与座悠大君、宮城優愛さんは「オジー、オバーの手は柔らかった。『マッサージ上手だったね』と言われうれしかった」と笑顔。高江洲所長は「お年寄りは、地域の子どもたちと触れ合う機会が少なかったので、とても喜んでいた」と満足そうに話していた。(比嘉正明通信員)