日本モーターボート競走会は第125期ボートレーサーを募集している。9日まで。 企画部の青木裕之次長は「昨年4月から宿泊費・食費などとしてかかっていた年間120万円の養成訓練費用が無償となった。沖縄からもプロレーサーになる人が増えてほしい」と呼び掛けた。