【国頭】やんばるの森の中を駆け抜ける第3回国頭トレイルランニング大会(主催・同実行委員会、共催・沖縄タイムス社)が12日、国頭村森林公園を発着点に開かれた。参加者は、未整備の自然道で野鳥の声に耳を澄ませたり、生い茂る木々の風景を楽しみながら駆け抜け、五感でやんばるの自然を楽しんだ。

山中のコースで滑りやすい急な勾配を慎重に上るランナー=12日、国頭村(金城健太撮影)

 19キロと12キロの部に885人が出走し、838人が完走した。19キロの部男子は大塚浩司さん(41)=長野県=が初優勝、女子はコリン・ウィリアムズさん(34)=北谷町=が2連覇を果たした。

 大会実行委員長の宮城久和国頭村長は「きょう1日、やんばるの自然を楽しんでほしい」とあいさつした。