自民・公明両党の協議で12日、外食が軽減税率の対象から外れる見通しが強まった。少ない利益で客足を増やす飲食店は、消費税アップの負担増や客足が遠のくことを懸念。多くの家族連れらでにぎわう週末の繁華街からは、ため息ももれた。 「打撃は免れません」。