【宜野座】12日午後5時過ぎ、宜野座村潟原の海岸で米軍の水陸両用車15台=写真=が立ち往生し、海岸に面した国道329号は一時、騒然となった。その場に居合わせ、写真を撮影した沖縄平和市民連絡会の北上田毅さんは「排ガスの臭いがひどく、物々しかった」と話した。

沿岸で行列をつくる水陸両用車=12日午後5時15分ごろ、宜野座村潟原(北上田毅さん提供)

 車列は訓練を終えて国道に出ようとしたところ、何らかの理由で滞留し、米兵が車上に出ていたという。北上田さんによると、国道を走行中に異変に気付いた車約30台が路肩に停車し、人だかりができた。車列は、国道に出てキャンプ・ハンセンに向かったとみられ、同日午後5時40分ごろには滞留はなかった。