【うるま】三線を弾くのが生きがいという102歳の與古田千代さん=うるま市栄野比=が「さんしんの日」翌日の5日、通っているデイサービスセンターうるまの里(市宇堅)で、利用者や職員を前に腕前を披露した。