米国が核体制見直しを検証していた2009年、在米日本大使館の公使が沖縄への核貯蔵に前向きな発言をしたとされる事案が明らかになり、県内からは「言いなり外交は許せない」と批判の声が上がった。