菓子の製造・販売を手掛けるナンポー(那覇市、安里睦子社長)の初の直営店となるコンセプトショップ「Sweet Devil(スイートデビル)」が6日、北谷町美浜のイオン北谷店内にプレオープンした。同店で扱う新商品などの試食やお披露目があり、大勢の関係者が詰め掛けた。

ナンポー初の直営店のコンセプトショップ「Sweet Devil」=6日、北谷町美浜・イオン北谷店

 9日にグランドオープンする。

 「観光土産から手土産へ」をコンセプトに、観光客だけではなく、県内の人が身近な手土産やギフトとして利用してほしいと多種類のスイーツをそろえた。

 おしゃれな瓶に詰めたちんすこう「ICHICORO」やピスタチオ、パッションフルーツなど豊富な味が楽しめるファッションエクレア、バームクーヘン、ギフトセットなど見た目も華やかなお菓子約100種類が並ぶ。店内は紅芋の濃い紫色やピンク、黒色などを基調にした装飾で、買い物客の目をひく。

 安里社長は「沖縄のお菓子をかっこいいものにしたいとこだわった。沖縄の素材もたくさん使っており、いろいろなお菓子があることを知ってほしい。県内のファンづくりをしたい」と語った。

 営業時間は午前10時~午後10時。年中無休。