沖縄タイムス+プラス ニュース

那覇から試合会場へ、サポーターお出迎え FC琉球ラッピングバス公開

2018年3月7日 07:55

 FC琉球は5日、クラブのエンブレムなどがデザインされたオリジナルラッピングバスをお披露目した。バスはホーム戦時に、試合会場の県総合運動公園陸上競技場と那覇市間を運行し、観戦者を送迎する。

ラッピングバスを公開した(左から)新報トラストの川満修営業部長と琉球フットボールクラブの倉林啓士郎社長=那覇市西・パシフィックホテル沖縄

 バスはクラウドファンディングで支援者を募集。341人が支援し、目標額の212%を達成した。

 クラブユニホームの胸スポンサーを務めるセノン(東京都)の県内子会社「新報トラスト」が、49人乗りのバスを用意。エンブレムやクラブマスコットのジンベーニョなどのラッピングを全面に施した。クラブを運営する琉球フットボールクラブの倉林啓士郎社長は「多くの方のお力添えで、那覇からサポーターをお連れするバスが実現できた。サッカー観戦の新たな楽しみとして利用してほしい」と喜んだ。

 バスの運行状況や乗車予約などの情報はクラブのホームページで更新される。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム