私らしく、はたらく(9)吉戸三貴

 仕事でトラブルがあったわけでもないのに、なんとなく不安でモヤモヤしている。気晴らしに出かけたり買い物をしたりしても、楽しいのは一瞬だけで、すぐにブルーな気持ちに逆戻りなんて経験はありませんか。そんな時、ほとんどお金をかけずにスッキリする方法があります。思っていることを紙に書き出すのです。

 「なんだ、そんなことか」と思うかもしれませんが、意外と効果的で、私自身、悩んだ時に必ずする作業です。使うのは、黒のサインペンとメモ用紙(なければ手元にあるものでOK)。たくさん書けるように、紙は少し多めに準備してください。裏紙の方が経済的ですが、よりスッキリ感を得たいなら新しい紙がおすすめです。

 道具がそろったら、1枚の紙に一つ、思っていることを大きな文字で書き出します。アサリが砂を吐き出すように、「転職したい」「雨が続いて嫌だ」など、心の声をすべて外に出してください。ポイントは、格好悪くてもくだらなくても、とにかく正直に書くこと。人に見せるものではないので、自由にペンを走らせましょう。

 すべて出し切ったら、次は整理です。書くだけでもある程度リフレッシュできますが、モヤモヤの量を減らすには対策が必要だからです。書き出したものを「自分でどうにかできること」と「すぐにはどうにもできないこと」に分類します。たとえば、転職はどうにかできること、雨が降るのはどうにもできないことに入ります。

 分類したら、「すぐにはどうにもできないこと」の紙を破り捨て、「自分でどうにかできること」だけを残します。ここまで来たらあと一息! それぞれの紙に、自分にできることを書き加えます。「転職したい」の紙には「転職サイトに登録する」のように具体的なことを書くのです。整理が終わる頃には、漠然とした不安は、解決可能な課題に変わっているはず。それを一つずつでも実行に移していけたら、気持ちも徐々に上向くでしょう。

 とても地味ですが、モヤモヤの正体をつかむ効果は抜群。一人で静かにする作業なので、飲みながら会社のグチを言ったら、実は店内に取引先の人がいて大失敗! なんて(沖縄あるあるの)リスクとも無縁です。なんとなく気分が落ち込んでいる、という時に試してみてください。(コミュニケーションスタイリスト)