沖縄タイムス+プラス ニュース

F15部品落下:翁長知事「はらわたが煮えくりかえる」 頻発する事故、米軍を批判

2018年3月7日 12:31

 米空軍嘉手納基地所属のF15戦闘機が部品を落下させ、日本側への通報が遅れた問題で、沖縄県の翁長雄志知事は「はらわたが煮えくりかえる思いだ」と述べ、米軍を強く批判した。7日、県庁で記者団に語った。

(資料写真)翁長雄志・沖縄県知事

(資料写真)部品落下事故を起こした米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機の同型機

(資料写真)翁長雄志・沖縄県知事 (資料写真)部品落下事故を起こした米軍嘉手納基地所属のF15戦闘機の同型機

 知事は事故が繰り返される中での今回の発生に「強い憤りを禁じ得ない」と非難。日本側への通報が発生から6日後だったことには「たがが緩んでいると言わざるを得ず、到底容認できない」と指摘した。

 その上で、日米両政府に全米軍機の点検や安全管理体制の見直しを要求。事故発生時の通報体制に関する問題点を、県を交えて検証することも求めた。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム