沖縄労働局は企業などの新規採用がある4月を前に、労働条件書面明示を促進する取り組みを始めている。雇用の質の確保や改善、労使のトラブルを未然に防ぐことが目的。県や各市町村のほか、労使の団体や各地の商工会へ周知し協力を求める。