【沖縄】第1回わんこそば全日本沖縄コザ場所(主催・沖縄市商店街を元気にする会)が13日、沖縄市一番街で開かれた。一般の部は飲食店従業員の喜納隆太さん(30)=那覇市=が80杯で制覇。小学生の部は美原小学校5年の中根守君(10)が36杯食べて優勝した。

小学生の部で次々とそばを平らげるこどもたち=13日、沖縄市一番街商店街

 喜納さんは、来年2月11日に岩手県花巻市で開かれる本大会に出場する。 

 小学生の部に30人、一般の部(同3分)50人がエントリー。小学生は制限時間2分、一般は3分で何杯食べられるかを競った。勝負を仕切る行司の「さあ、さあ、さあ、さあ」という掛け声や応援団から声援が飛ぶ中、熱戦が繰り広げられた。

 喜納さんは「後半は胸元でそばが引っ掛かる感じで、きつかった。花巻では上位を目指したい」。中根君は「けっこうきつかったけど優勝できてうれしい」と笑顔で話した。

 本大会は5分間で254杯が過去最高記録。