沖縄タイムスふるさと元気応援企画「久米島町 観光・物産と芸能フェア」は13日、最終日を迎えた。3日間の期間中、会場の那覇市久茂地のタイムスビルには約6400人が足を運び、久米島ならではの料理や伝統芸能を楽しんだ。

最終日まで多くの来場者が買い物を楽しんだ「久米島町 観光・物産と芸能フェア」=13日、那覇市久茂地・タイムスビル

 久米島名産の車エビの素揚げやアーサのかき揚げなどを調理して販売するコーナーは、連日、行列ができるほどのにぎわいぶり。久米島現代版組踊の「笠末(がさし)若茶良(わかちゃら)」などの公演も訪れた人を楽しませた。

 那覇市に住む会社役員の小田川元樹さん(34)は「車エビの素揚げや鶏の空揚げがおいしかった。久米島には一度しか行ったことがないけど、こういう機会があると、また行きたくなる」と話していた。