沖縄電力と沖縄エネテックはこのほど、太平洋諸国のフィジーやツバルなどの5カ国から電力エンジニア11人の研修を受け入れた。 エンジニアらは、宮古島や名護市のメガソーラーや、多良間島の可倒式風車などを視察した。