【南城】琉球舞踊や三線の普及を目的に企画したイベント「さんしんの日〜うみかきやびらウチナーむん」(主催・市文化協会)が4日、津波古公民館で開かれた。出演した会員らが舞踊や三線を披露、約80人の観衆を魅了した。 同協会によると「さんしんの日」にちなんだ初めての取り組み。