第7回コザAランチ選手権(主催・同実行委員会)の表彰式が4日、沖縄県沖縄市のコザしんきんスタジアム前広場であった。参加した14店舗のうち、期間中のスタンプラリーで最も投票が多かった「LaLa Primo(ララプリモ)泡瀬店」がグランプリに輝いた。

コザAランチ選手権でグランプリに輝いた「LaLa Primo」のAランチ(同社提供)

第7回コザAランチ選手権でグランプリに輝いた「LaLa Primo泡瀬店」の名嘉真店長(右から3人目)ら受賞者=4日、沖縄市・コザしんきんスタジアム前広場

コザAランチ選手権でグランプリに輝いた「LaLa Primo」のAランチ(同社提供) 第7回コザAランチ選手権でグランプリに輝いた「LaLa Primo泡瀬店」の名嘉真店長(右から3人目)ら受賞者=4日、沖縄市・コザしんきんスタジアム前広場

 今回はスタンプラリー形式で、昨年11月20日から今年2月28日までの期間内に、14店舗で出すAランチで最も多く食べられた順位を競った。2位は「ハイウェイドライブイン」、3位は「居酒屋ARIGATO」だった。

 「LaLa Primo泡瀬店」のAランチは、定番のエビフライのほか、チキンや手仕込みハンバーグ、ステーキ、野菜など洋食中心のボリューム満点のワンプレート。

 泡瀬店店長の名嘉真大介さん(24)は「ボリュームもあるので男性に満足してもらえる。揚げ物中心ではなく、洋食中心でヘルシーさも受けて女性にも人気があり、毎月売り上げも1位のメニュー。コザの伝統のAランチを守っていけるように今後も頑張りたい」と受賞を喜んだ。

 市料理飲食業組合の當山康司組合長は「1956年に日本人向けに考案されたのがAランチ。今後も沖縄市の食文化を大切にしていきたい」とあいさつした。

 奨励賞の沖縄市長賞には「ステーキハウスOK」、市議会議長賞は「うちなー食堂コザ飯」、市教育長賞に「まつもと食堂」、県飲食業生活衛生同業組合理事長賞に「オークレストラン」が選ばれた。