沖縄県青少年育成県民運動50周年記念シンポジウム(主催・県青少年育成県民会議)が7日、県立博物館・美術館で開かれ、学校関係者や子ども支援活動に携わる200人以上が来場し、子どもが活躍する社会づくりについて議論を交わした。夜の街で働く少女たちの聞き取り調査を続ける琉球大学教育学部の上間陽子教授が講演し、「学校現場で子どもの本音を聞き、支える環境が必要」と呼び掛けた。

「子どもたちが自己のことを語れる、語り直す場所としての学校の効用を考えてほしい」と説く琉球大学の上間陽子教授=那覇市おもろまち、県立博物館・美術館

 上間教授は、性風俗店のオーナーに調査協力を依頼し、2012年から少女たちの聞き取りを始めた。多くの子がDVや性暴力の被害を経験。似た環境の友人で支え合ったり、薬物に手を出して自死した事例などを語った。

 親の暴力や育児放棄などを背景に非行や若年出産に至り、生活のために風俗業界に入る少女たちについて、「最近は低年齢化し、13歳や14歳が働いている」と指摘。

 義務教育が終わる15歳までに支援に結び付ける必要性を説いた。

 教員や支援員に向けて「問題行動を繰り返し、本音を話さない子に『あの子、あの親はダメ』と考えてないか。自分の仕事ぶりやプライドを守る思考で、子どもに向き合っていない」と指摘。「暴力にさらされる一方、『家族はこうあるべきだ』という理想像も押し付けられ、子どもは黙らされている。粘り強く本音を聞き出して」と呼び掛けた。

 会場から、学校現場でできることを質問され、不登校児童を対象にした学校送迎の取り組みを紹介。「送迎を理由に保護者に会うことができる。居場所としての学校づくりと保護者の支援を同時に行う。課題解決に向け、複数の戦略を持ってほしい」と述べた。