【石垣】来春の第88回選抜高校野球大会の21世紀枠九州地区推薦校に決まった八重山高校(小成善保校長)の表彰伝達式が14日、同校で開かれた。

毎日新聞の佐藤敬一支局長(左から3人目)から小成善保校長(同4人目)に表彰盾が贈られた=石垣市の八重山高校

 県高校野球連盟の神谷孝会長は「校舎改築でグラウンドが使えない中、県や九州大会で申し分ない実績を残した。離島のハンディを乗り越えた努力を誇りに頑張ってほしい」と激励。毎日新聞社那覇支局の佐藤敬一支局長が小成校長に盾を手渡した。

 小成校長は「出場決定ではないが、やるべきことをやって1月の発表を待ちたい」と話した。野球部の友利有也主将は「チーム全員で喜び、雰囲気はとてもいい。先輩が積み上げた伝統と地域の方々への感謝を忘れず、気を引き締めて練習に励みたい」と力を込めた。

 21世紀枠は来年1月29日の選考委員会で出場3校が決まる。全国9地区の推薦校の中から、東(北信越、東海以東)と西(近畿以西)で1校ずつ選出し、残り7校から1校を選ぶ。