【石垣】石垣市大川の「ホテル日航八重山」を運営する琉球ホテルリゾート八重山(山﨑亮雄代表)が、米投資会社ローンスターグループからオリックスグループ傘下の会社に売却されたことが15日、分かった。

オリックスグループに運営が譲渡されたホテル日航八重山(同ホテル提供)

 11日に琉球ホテルリゾート八重山の全株式が、オリックスグループ傘下の八重山リゾートホテル(東京都)に譲渡された。

 琉球ホテルリゾート八重山は、これまで通りオークラニッコーホテルマネジメント(旧JALホテルズ)と運営管理契約を結ぶため、従業員やパート約180人の雇用形態は継続される。ホテルの名称も引き続き使用する。

 同ホテルは1984年2月、当時、八重山最大の「南西グランドホテル石垣」として開業。全236室で、八重山リゾートホテルの先駆け的存在。2007年にはローンスター系列の会社に経営が移譲されていた。