県は7日、健康・医療産業の活性化などを目指し、イギリスに本社を置く製薬大手、グラクソ・スミスクライン(GSK)、学校法人慶應義塾と包括的連携協定を結んだ。同日、会見した翁長雄志知事は「健康長寿・沖縄を取り戻すことにも資する」と意義を語り、同産業の発展に期待した。