那覇空港ビルディング(兼島規社長)は15日、那覇空港の新立体駐車場の第1期工事竣工(しゅんこう)式を開いた。第1期工事はことし4月に着工。688台分を確保し、17日から利用を始める。同空港の駐車可能台数は1934台となった。

17日から利用が始まる新立体駐車場の第1期分の竣工式=15日、那覇空港

 第2期分は来年1月に着工し、同9月に完成予定。完成後の駐車可能台数は2472台となる。

 新立体駐車場は5層6段の鉄骨構造で、延べ床面積は2万9611平方メートル。第1、2期分併せて1266台を収容できる。

 兼島社長は「航空路線の増便で週末を中心に駐車場は満車の状態が続いていた。新立体駐車場の完成で顧客の利便性向上につながる」とあいさつした。