〈予防法改正なりし喜びを書きて従弟は便りをくれぬ〉  名護市にある国立療養所沖縄愛楽園の里山るつさん(95)の部屋には、そんな短歌とともに額に入った表彰状が誇らしげに飾られている。るつさんが1996年に詠み、その年の県短歌大会で選者特別賞を受けた。