沖縄県名護市辺野古の新基地建設に抗議する市民ら約400人が16日未明から、米軍キャンプ・シュワブゲート前に集まった。市民が座り込んだ旧第1ゲートから工事車両の出入りはなく、市民側は「人数が集まれば工事は止められる」と気勢を上げた。

警視庁から動員され、市民の抗議行動を規制する機動隊員=16日午前9時前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

 一方、新第1ゲートからは数台が入り、阻止しようとする市民と県警、警視庁の機動隊がもみ合いになる場面もあった。