沖縄県立北部病院の産婦人科医が2人から4人に倍増して、13日で2カ月が過ぎた。定員通りの4人態勢は実に6年半ぶり。すでに扱うお産の数は増えていて、医師の環境も改善した。このまま好循環を続けられるか、地域の期待も高まっている。