日本航空(JAL)と日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)が16日までにまとめた沖縄関連路線の11月搭乗実績で、JALは旅客数が6・6%減の25万495人、提供座席数は10%減の30万5282席だった。