日本政府が大幅な減額を求めた在日米軍駐留経費負担(思いやり予算)の交渉は、米側に押し切られる形で増額で決着した。日米地位協定上、日本に支払い義務がないにもかかわらず、膨大な駐留経費を負担し続ける矛盾に向き合わず、「気前のいい同盟国」を演じる日本政府の対米追従ぶりが、またもやあらわになったといえる。