ヘイトスピーチの問題を取材するジャーナリスト安田浩一さんの話 辛淑玉さんへの人権侵害と放送倫理上の問題を明確に指摘したことは評価したい。辛さんに対しヘイトの域を超えたひどい言葉がネット上であふれているが、その扉を開いた番組を放送した東京MXの責任は重く謝罪すべきだ。 一方でBPOの限界も感じている。