女性デュオのキロロが今年、メジャーデビュー20周年を迎えた。17歳の時から共に音楽を生み出してきたボーカルの玉城千春とキーボードの金城綾乃は、その年齢ごとに抱いてきた心情を柔らかなメロディーに乗せてきた。1月には13年ぶりとなる新アルバムも発売。現在、ともに3人の子を育てながらステージに立つ40歳の2人は「感性は変わっていないけど、いろいろな経験をしてきた」と口をそろえる。聴き手の心に染みこむ等身大の歌を届け続ける。(学芸部・松田興平)

キロロのボーカルの玉城千春(右)とキーボードの金城綾乃=宜野湾市・ピーエムエージェンシー(下地広也撮影)

キロロの13年ぶり7枚目のアルバム「アイハベル」のジャケット

キロロのボーカルの玉城千春(右)とキーボードの金城綾乃=宜野湾市・ピーエムエージェンシー(下地広也撮影) キロロの13年ぶり7枚目のアルバム「アイハベル」のジャケット

雨の車中で「一緒にやろうよ」

 1996年に「長い間」でインディーズデビューし、県内限定で1万枚以上売り上げた。98年にメジャーデビュー、同年と99、2001年にNHK紅白歌合戦に出場した。

 05年にアルバム「ワンダフル・デイズ」リリース以降、2人ともほぼ同時期に次々と子を授かり、育児に比重を置くようになった。玉城と金城はミュージシャン、母として過ごした20年を「あっという間だった」と振り返る。

 それぞれ時期ごとに音楽への熱意は異なった。

 読谷高校2年の時クラスメートとなり、コンビで学園祭などへ出て歌うようになった。その後インディーズデビューしたが、プロ志向が強かったのは玉城だけ。

 金城は「医療や福祉など人と接する仕事がしたくて、専門学校に通っていた。音楽の道へ進むことは考えていなかった。『東京へ行けば千春にふさわしい相手がたくさんいるよ』と(本格的な活動を)断り続けていた」と思い出す。

 玉城は「私は綾(金城綾乃)と2人でセットだと思っていた。彼女だから私に寄り添ってくれる。雨の日の車の中で『一緒にやろうよ』と口説き落とした」と笑う。

引退を意識した一時休止

 デビューは玉城が引っ張る形だった。下積み時代に県内各地のイベントで歌い、CDを手売りしたことも2人の大切な思い出だ。

 だが、玉城は人気上昇中の01年、のどを痛め活動を一時休止。しばらくすると育児に追われる生活が待っていた。「私は結婚して沖縄に引き揚げたので、もう歌わないんだろうな、と思った」と漠然と引退を意識していた。

 一時期、音楽を真正面から聴くことに抵抗を感じ、流すのはクラシックなど歌詞のないものばかりだった。

 しかし、金城が精力的にソロ活動を続け、触発された玉城も少しずつ音楽と再び関わり始めた。玉城は「キロロとして歌いたかった。いつか綾と2人でステージに立つことを目標に、ボイストレーニングのため福岡まで通っていた」と、歌を磨き直していた。

再始動は妹の結婚披露宴

 2人での再始動は13年1月の金城の妹の結婚披露宴。「未来へ」と「生きてこそ」2曲を歌った。

 金城は「すごく久しぶりで興奮した。やっぱりうれしかった」と声を弾ませる。そこから徐々に2人でステージを重ねてきた。

 家族を送り出した朝、寝静まった夜、移動中の車内などでこつこつ曲と詞をしたため、新アルバムを完成させた。

 現在、再びメディア露出や歌う機会が増えてきた。それぞれの末の子は小学校低学年で、最近になって初めて「キロロ」のステージを見て、感激してくれたという。

 玉城は「家で抱きついてきた」、金城は「日記にキロロのことを書いてくれた」と子どもの反応を思い返し、母の顔をほころばせる。

 「こんなに休んでいたのに歌を聴いてくれる人がいる」と玉城。金城も「家族を授かり、音楽も続けられている。夢のような、ぜいたくな立場」と受け止める。日常を尊ぶ素朴な語り口から、楽曲の魅力の源をのぞかせた。

新アルバムは「40歳の日記です」

 キロロの13年ぶり7枚目となるアルバム「アイハベル」が1月、リリースされた。これまで通り2人の現在を取り巻く環境をモチーフに楽曲を制作。聴き手を元気づける力強いメロディーや、哀調を帯びた旋律など12曲が収録された。2人は「40歳の日記です」と語る。

 玉城千春が「このアルバムの象徴的な曲」と説明するのは金城綾乃制作の「ブランコ」。家族と過ごす日々の一瞬をいとおしむ言葉で紡がれる。

 1曲目「アニバーサリー」は優しげな曲調に、過去の曲のタイトルがちりばめられた遊び心のあるナンバー。5曲目の「無敵なBig Smile」は聞き手を元気づけるような歌で、テンポの良いメロディーに、ところどころ玉城が低音を挟む歌い回しが新鮮さを感じさせ、「聞いていて元気になる」と金城。

 また、哀調を帯びた歌詞をチェロの伴奏が包み込む「あなたに会えなくなって」、ゴスペルのアレンジが印象的なCM曲「レッツ・ゴー・トゥゲザー」、東日本大震災の復興支援ソング「花は咲く」など多彩な曲調が収録された1枚。税込み3240円。