那覇市国際通りと沖映通りの角地の牧志1丁目3番地区(約2800平方メートル)の地権者らでつくる「牧志一丁目3番地区市街地再開発準備組合」(真喜志一輝理事長)は16日、同地区の再開発計画と完成イメージ案を発表した。商業テナントと分譲マンションが入る商業・住居棟とホテル棟の2棟をむつみ橋交差点そばの現地に建設する。2棟の間に、国際通りと同地区北西にある緑ケ丘公園をつなぐガレリア(歩行者用空間)を整備し、国際通りと公園も含めた一体的な利用と活性化を狙う。

再開発の施設完成イメージ図。商業・住居棟(右)とホテル棟の間には緑ヶ丘公園に続くガレリアが整備される(提供)

牧志1丁目3番地区の位置

再開発の施設完成イメージ図。商業・住居棟(右)とホテル棟の間には緑ヶ丘公園に続くガレリアが整備される(提供) 牧志1丁目3番地区の位置

 2016年度中に那覇市による都市計画決定を目指し、18年に現在の建物の解体と新施設工事を開始、22年完成を予定している。総事業費はおよそ100億円。

 マンションは、大手不動産業の大京(東京)がマンションを一括購入し、分譲する。組合は10月、同社と事業協力協定を締結した。計画によると、商業・住居棟は19~20階建てで1~3階が商業施設、4階以上が分譲マンション(約100戸)。10~12階建てのホテル棟はホテル山の内が入る予定。延べ床面積は約2万3千平方メートル。

 地下駐車場と立体駐車場で約100台の駐車スペースを確保する。国際通り側には約150平方メートルのスペースを整備し、ガレリアと合わせてイベント開催なども目指す。

 再開発計画は、組合とコンサルティング会社の街制作室(北海道)、五洋建設(東京)、國場組が連携して進める。商業施設には30テナント以上を入れる予定。地元客と国内外観光客をターゲットに定め、全国ブランドも含めて打診している。

 真喜志理事長は「地権者と県民に喜ばれる再開発を進めていく。周辺施設との相乗効果で中心市街地を活性化していきたい」と話した。