【東京】ケネディ駐日米大使は17日、日本記者クラブで会見し、名護市辺野古への新基地建設計画について「普天間移転が実現できれば大きな前進になる。今はできるだけ早く現在の計画を実施に移すべきだと思う」と述べ、新基地建設を推進する考えを示した。

普天間飛行場の辺野古移設を進める考えを示すケネディ駐日米大使=17日、東京・日本記者クラブ

 ケネディ氏は、仮に日本側が辺野古以外の移設先を示した場合、米国政府として検討する余地があるかとの問いに、「さまざまな計画が検討されベストのものに至ったと信じている」と強調し、辺野古案が最善だとの考えを示した。

 また、普天間飛行場東側などの一部が返還合意に至ったことに触れ、「今まで発表されたものだけではなく、兵力を削減するためにさらなる土地返還は続く。米軍再編で将来(の沖縄)はよりよい状態になる」と述べ、基地負担軽減を進める考えを示した。