17日午後2時55分ごろ、那覇市港町1丁目の泊漁港内で「空き地で廃材の山が燃えている。近くの廃船に燃え移りそう」と119番通報があった。那覇署などによると陸揚げされた複数の漁船などに延焼したが、けが人はいない。消防車両11台が出動、午後4時現在も消火活動を続けている。

廃船が炎上し、黒煙が上がる火事現場=17日午後3時16分、那覇市・泊漁港

廃船が炎上し、黒煙が上がる火事現場=17日午後3時24分、那覇市・泊漁港

廃船が炎上し、黒煙が上がる火事現場=17日午後3時16分、那覇市・泊漁港 廃船が炎上し、黒煙が上がる火事現場=17日午後3時24分、那覇市・泊漁港

 県警は危険防止のため同3時10分ごろから、泊大橋の交通を規制。同4時過ぎに解除したが、国道58号で泊交差点付近を中心に渋滞が発生。県警によると安謝から泊方面の南向け車線が約1・5キロ、奥武山から泊方面の北向け車線が約2・5キロの渋滞となっている。