【読谷】村立読谷中学校(照屋心一郎校長)で2月22日、「タイムカプセルを納める会」があった。 卒業する69期生の260人が15年後の30歳の自分に向けて、中学生活の思い出の写真や将来の夢をつづった手紙など思い思いの品物を納めた。2033年に開封される。