【東京】山口俊一前沖縄担当相ら自民党沖縄振興調査会の幹部らが17日、内閣府に島尻安伊子沖縄担当相を訪ね、2016年度の沖縄振興予算の必要額の確保を求める要請書を手渡した。

島尻安伊子沖縄担当相(中央)に要請書を手渡す山口俊一前沖縄担当相(左隣)ら=17日、内閣府

 概算要求額は3429億円だが、財務省は3001億円をベースに厳しい査定を示している。要請では、那覇空港第2滑走路建設事業や一括交付金、沖縄科学技術大学院大学に関する予算の確保とともに、駐留軍用地跡地利用や沖縄の子どもの貧困対策に関する予算措置も求めている。

 夏に概算要求をした山口氏は「厳しい財政状況だが、頑張っていただきたい」と激励。山本一太元沖縄相も「全力でサポートしたい」と約束した。島尻氏は「必要予算をきっちり確保するのが私の仕事だ。引き続き応援よろしくお願いします」と協力を求めた。