沖縄地方は17日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で冷え込み、県内ほぼ全域で今季の最低気温を更新した。

羽を膨らませて寒さをしのぐスズメ=17日午後、那覇市西・三重城(金城健太撮影)

 国頭村奧では午前10時24分にこの冬最低の12.3度を観測。那覇市でも午前7時40分に15.5度となり、各地で平年を2~3度下回った。

 17日は県内全域に強風注意報が発表されるほど北風が強く、体感温度はさらに低く感じられた。与那国島で最大瞬間風速23メートル、那覇では18.9メートルを観測。那覇市内では厚手のコートやマフラーなどで防寒対策する人々の姿が目立った。

 沖縄気象台によると寒さは18日の朝まで続く。沖縄地方の18日朝の予想最低気温は14度。昼ごろから気温は上昇し、最高気温は18度になる見込み。週末にかけて暖かくなり、22日からの約1週間は平年より気温が2.2度以上高くなる確率が高いとして高温に関する異常天候早期警戒情報を発表した。