名護市辺野古の新基地建設に反対する市民ら約80人は18日午前、米軍キャンプ・シュワブのゲート前に座り込み抗議活動をした。機動隊員が工事車両の進入を阻止しようとした市民らを排除し、もみ合いになった。L字型のブロックや正方形のコンクリートブロックなどを積んだトラック10台がシュワブ内に入った。

米軍キャンプ・シュワブのゲート前に座り込む午前市民らを排除する機動隊員=18日、名護市辺野古

 県警はゲート向かいの歩道に鉄柵を設置。「歩行者の安全確保のため」と説明したが、市民らは「違法な行為だ」と反発している。

 一方、辺野古沖では、大型クレーン船で午前10時すぎから、ボーリング調査の準備が始まった。市民らの船1隻がオイルフェンスを越えたため海上保安庁に拘束された。市民らは船4隻、カヌー4艇で作業に抗議している。