任期満了に伴う石垣市長選挙は11日、投開票される。新人で前市議の宮良操氏(61)=社民、社大、共産、自由、民進推薦=、3選を目指す現職の中山義隆氏(50)=自民、公明、維新推薦=、新人で前県議の砂川利勝氏(54)が激しい選挙戦を展開。3氏は9日も市内を駆け巡り、票の積み重ねに向けて支持拡大を訴えた。

(右から)宮良操氏、中山義隆氏、砂川利勝氏

 市平得大俣で計画される陸上自衛隊配備への対応や2期8年間の現市政への評価などが争点。経済振興や子育て支援・教育環境整備などの政策も問われる。

 保守分裂の三つどもえとなったが、現市政への批判票も分散したことで情勢は複雑化。各陣営とも期日前投票に力を入れ、政策の浸透を図っている。最終日の10日は各候補とも打ち上げ式で最後の訴えに臨む。

 宮良氏は陸自配備に反対する革新系市議や市民団体、地域住民らが支援。9日は市街地で遊説し陸自配備阻止や子育て・教育環境の充実などを掲げ「島の将来は市民が決める。市民の声が届く政治を」と訴えた。

 中山氏は自民の幹部や国会議員らが連日入るなど政府与党が全面支援。9日は市街地を歩きながら好調な観光経済など2期8年の実績を強調し「流れを止めず、一歩一歩前に進む石垣をつくろう」と呼び掛けた。

 砂川氏は現職に反発する保守支持層を中心に水面下で一部業者らの支援を受け「どぶ板選挙」を徹底。陸自計画白紙や新庁舎設計見直しなどを訴え「市民と対話で物事を決める。元気な島にする」と力を込めた。

 3日現在の選挙人名簿登録者数は3万8699人。期日前投票は9日までの5日間で29・5%に当たる1万1403人が済ませている。