帝国データバンク沖縄支店が8日発表した沖縄県内企業の賃金動向調査で、2018年度に正社員の賃金改善が「ある」とする企業は前年度比8・7ポイント増の74%で、調査を開始した14年度から過去最多となった。「ない」とした企業は8%で前年度よりも10・4ポイント下回った。